あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

社会福祉法人 二人同心会 理事長 三木 照清

 

皆様におかれましては良いお正月を迎えられたことと思います。本年もよろしくお願いします。

 

このセラヴィも開所してから今年で20年の記念すべき年を迎えることとなりました。

これも、関係者・地域の方々・中でも職員の皆様のご協力があって大過なく今日を迎える事ができたと感謝しています。

人間でいえば成人に達したことになる、この組織をさらに充実したものに育てていくことが我々に課せられています。

これから後も、皆様の英知と、協力が必要である事は言うまでもありません。

さて、昨年の年頭挨拶で、私の考えと今後の介護保険制度を取り巻く環境がどのように変わっていくかを、述べさせていただきました。

あれから一年経た今日、大きく変わろうとしているのが、介護報酬問題です。

皆様もマスコミ等を通してご承知の事とは思いますが、政府に於いては介護報酬の切り下げを考えているそうです。我々にとっては大きな問題です。

しかし、どのような変化があっても、皆様と法人が一丸となって共に活力のある職場を作り、利用者の皆様・地域の皆様から高い評価を頂ける法人にしていきたいと思っています。

それには、職員一人一人がスキルアップを図ることが大切なことと思います。どうか今年も一層のご協力をお願いして筆をおきます。