2月3日,節分の日の行事食です!

節分に食べると縁起が良いとされている『巻き寿司』をご利用者様に昼食でお出ししました。

setubun1

ところで、なぜ、節分に巻き寿司を食べるようになったのかご存知でしょうか?

これは「巻く」ということから「福を巻き込む」、「切らずに食べる」ことから

「縁を切らない」という意味が込められているという説が有力です。

また、巻き寿司の形が黒くて太いことから、鬼の金棒にみたて豆をまくのと同じように、

鬼の金棒を食べて鬼退治をする意味もあるようです。

二人同心会では高齢者の方が食べやすいように、海苔ではなく錦糸玉子で巻き、カットしてお出ししました。

ご利用者様がどうぞ福を呼び込めますように☆

setubun2setubun3